ユーザーにとって価値ある情報を繰り返し発信していく「まるログ」

画像補正はこれでOK!
Photoshp Camera Rawフィルター!!

Photoshp Camera Rawフィルタ
グラフィックデザインにおいて、使用している画像が制作物のイメージを決めると言っても過言ではありません。デザイナーをやっていると、他社が制作したデザインデータを流用しリデザインすることが多々あります。
Photoshp Camera Rawフィルター特に食品関係の入稿データでまったく補正されていないものも多くあります。食品関係の画像を補正するときは、意図がなければ明るさを調整し、青みを抜き、彩度を上げ、より美味しそうに見えるように調整をします。
これまではその作業をトーンカーブ、レベル補正、色相・彩度ウィンドをそれぞれ開いて補正をしていましたが、PhotoshopのCamera Rawフィルターなら1つの画面で様々な調整をすることが出来ます。

ここでは誰でもすぐ出来る代表的な機能をいくつか紹介します。

補正前と比べながら調整できる!

補正前と比べながら調整ウィンドウ下部の赤丸部分をクリックすると元データを見ながら調整ができます。

補正前と比べながら調整左の画面が補正前、右の画面が現在補正している画面。

明るさ補正

『基本補正』フィルターでは、露光量、コントラスト、ハイライト、 シャドウ、彩度などの調整が可能。

明るさ補正

写真の白飛び調整

写真の白飛び調整ウィンドウ右上の白い△をクリックすると補正画像で白飛びしている部分を赤く表示してくれます。

写真の白飛び調整このように白飛びしている部分が赤く表示されます。これにより白く飛んでいる場所を視覚的に確認でき、補正の精度もあがります。

写真の白飛び調整少し無理矢理、露光量を上げ明るくしていくと赤い部分が増えていきます。

写真の白飛び調整再度右上の△をクリックすると補正後の画面にもどります。 上の画面で赤い部分がすべて白飛びしているのが分かります。

フレーム効果

『効果』フィルターを使うとフレーム効果が適用でき、ボケ具合もメーターで調整出来ます。

フレーム効果

フレーム効果

周辺光量補正スライドをマイナスにすると暗く、プラスにスライドすると明るくなり、デザインイメージに合わせて写真を演出することができます。

フレーム効果

まとめ

画像補正上記の簡単な機能でも今までの補正の大部分をカバーできます。 さらに細かい調整や機能がありますので、慣れたら色々試して自分だけの補正方法を身につけてください。

グラフィックデザイナー / K.T